トップページ > いちのよしんこどもブログ

いちのよしんこどもブログ

2018年02月

2018.02.22

2月のもも組 *1歳児

最近になってさらに“友だち”の存在が大きくなってきた子どもたち。「○○くーん!」「○○ちゃーん!」とお互いに名前を呼び合いながら毎日とても楽しそうに遊んでいます。少しずつ言葉数も増え、子どもたち同士の可愛らしい会話もよく聞こえ、とても微笑ましく思います。そんな子どもたちを温かく見守りながら、残りのももぐみでの日々も子どもたちと元気いっぱい、おもいっきり楽しんでいきたいと思います。 

 

 

2018.02.22

2月のしろ組 *5歳児

 12月に植えたチューリップの球根が芽を出しました。毎日毎日芽の様子が気になるようで、戸外から室内に入る際は決まってプランターに立ち寄り「チューリップおはよう~!」と声を掛けている子どもたちです。「新しい芽が出たかな~」と毎日芽の数を数えたり、葉の開き具合や色の変化に気付いたりしながら、水やりを楽しんでいます。「早く花咲かないかな?」「1年生になるまでに咲いて欲しいな~」とつぶやく子どもたちで、同時に1年生になる楽しみも増えたようです。

 

 

2018.02.22

2月のあお組 *4歳児

 節分に向けて鬼のお面をみんなで作りました。
自分の好きな色の紙や毛糸を選び、思い思いの鬼のお面が出来上がりました。
さっそくお面をつけ「赤ちゃんのお部屋へ見せに行こう!」「怖がって泣いちゃうかな?」
と言いながらいざ、2階へ…。「おにだぞ〜!!」と近寄るも未満児の子達の表情は、キョトンとするものの怖がる様子の子はいませんでした。(今回作ったお面は自分の顔出し部分の大きいお面の為)「なんで怖がってくれないんだろう?」と友達と顔を見あい「怖いお顔をしないといけないんじゃない?」とそこからは、鏡に向かったりしながらお面をつけての怖い顔づくりのしあいっこが始まりました。それでも…。友達の表情を見て笑いの絶えないひと時でした。

 

 

2018.02.22

2月のあか組 *3歳児

今年も“節分”の季節がやってきました。当日に向けて♪おには~そと!ふくは~うち!と新聞紙で作った“豆”を投げて豆まきの練習をしながら「オニなんてこわくないよ!」「オニがきたらみんなでやっつけようね!」と、はりきっていた頼もしいあか組の子どもたち。しかし、豆まき会当日しろ組の鬼たちが登場すると…怖くて泣いてしまう子、必死になって逃げだそうとする子、宣言通り豆を投げて立ち向かっていく子…とさまざまでした。その後はみんなでお菓子まきを行い、たくさんお菓子をもらい、最後はにこにこ笑顔で終えることができました。また、おやつには“恵方ロールケーキ”を今年の恵方【南南東】の方向を向いて、静かにしゃべらないでいただきました!今年も一年みんな健康で楽しく過ごせますように…!!

 

 

2018.02.22

2月のれもん組 *2歳児

2月は豆まき会がありました。鬼に変身した年長さんに新聞の豆を投げて鬼退治!その後はお楽しみのお菓子まきでした。
またできる事が増えてきたれもん組さん。おしぼりも上着のファスナーも自分で挑戦しています!ジャングルジムうんてい棒では、握力や腕の力がつき、身体のバランスを取りながら登っています。高い所から見る景色は新鮮な様で、「おーい!○○せんせ~い!」と大きな声で担任を呼んでいます。いろいろな身体の動きを身につける大事な時期です。寒さに負けず、積極的に身体を動かして丈夫で強い身体を作っていきたいと思います。
まだまだ寒い2月。きれいな氷で氷のペンダントを作り、冬ならではの遊びも楽しみました。
 

 

 

2018.02.22

2月のみかん組 *1.2歳児

  豆まき会を楽しみにしていた子どもたち。クラスに置いてあった鬼のお面で豆まきの練習はばっちりだったのですが、いざ本番年長ぐみの鬼がクラスへ来ると先生の後ろに隠れたり大泣きだったりと鬼への恐怖心が高まってしまった子どもたち。なんとか豆まきをして鬼をやっつけると待ちに待ったお菓子まき♪自分の袋を広げ年長ぐみが撒いてくれたお菓子を友だちに負けないようにと拾っていました。いっぱい拾えると「見て~!!」とたくさんお菓子の入った袋を広げて見せてくれました。降園時お迎えに来たお母さんに「おかしひろったの!」と嬉しそうに報告する子どもたちでした。

 

 

2018.02.22

2月のこもも組 *0歳児

 一人ひとりが自分の遊びを楽しんでいたこももぐみの子どもたちですが、ずっと一緒に生活してきたお友だちのことが気になります。
お友達の使っている玩具が楽しそう。やっていることが面白そう。と同じ玩具が欲しくなったり、遊びを真似っこしてみたりという姿が見られます。
同じ玩具が欲しくなるとやはり、「私も使いたい。」「僕も使いたい。」という思いのぶつかり合いも起こります。これから先、楽しいことや嬉しいこと、辛いこと、怒れることを、様々な人と共有して、豊かな人間性を育んでいきたいと思います。
大人は時に見守り、時に仲立ちし、子どもたちが十分に自分の思いを主張する場を設けていきたいと思います。

 

 

2018.02.09

だいすき、ソーラン節 *2歳児

新しい年を迎え、自分でできることもぐんと増えた子どもたち。
いま子どもたちが好きなことは、ソーラン節を踊ることです。
5歳児のおにいさん、おねえさんのかっこいいソーラン節を見て覚えた振り付けを、
真似っこしながら楽しんでいます!自分ではっぴを着ると「せんせいCDかけて!」と
目をキラキラさせて声をかけてくる子どもたち。真剣な表情で力いっぱい踊り、
「どっこいしょ!」の掛け声も元気いっぱいです。

 

 

2018.02.08

お正月あそび *5歳児

 2018年を迎え、しろぐみさんではカルタやコマ回しやすごろくなどお正月あそびを存分楽しむ様子が見られました。コマ回しでは初めは紐をまくことすら難しそうにしており「できなーい…」とあきらめムードでしたが、根気強く日々あそびこむと「せんせーい!まわったー!!」と嬉しそうに伝えてくる子が多く見られました。毛糸の編み物も流行っています。「マフラー作る♪」「帽子作ってお母さんにあげるの」と楽しそうにあそんでいます。気温が低くお部屋で過ごすこともちょっぴり多くなりがちですが、この時期ならではのあそびを楽しむ事が出来ました。

 

 

2018.02.08

1月のあお組 *4歳児

 新しい年明けとともに、あお組の部屋も新しい保育室にお引越しをしました。
「すごくひろーい!」「うれしいねー」笑顔いっぱい子ども達は、新しい部屋の中をゴロゴロと寝転がったり、走ったり…。体いっぱいにその広さを感じ喜んでいます。
廃材スペースを広く設けることができ、子ども達は色々な素材を使い、創造力いっぱいの作品を作っては楽しんでいます。
しろ組さんの行う廃材遊びに刺激を受け、真似て作ったり、教えてもらったりと新しい部屋になり、午睡もなくなった事でしろ組さんとの関わりがとても増えています。
優しいしろ組さん。ありがとう。
 

 

 

 

こどもブログ
保護者の方へ
求職者の方へ
ページTOPへ