お問い合わせはこちら!
 

トップページ > いちのよしんこどもブログ

いちのよしんこどもブログ

R1 子どもの様子

2019.07.19

野菜が出来たよ! *5歳児

 子どもたちが毎日楽しみにしているのは野菜の収穫!
きゅうりやゴーヤ、とうもろこしが立派に育ち、毎朝「畑にいきたい!」と言い、今日はどの野菜ができているかと目をキラキラさせながら畑に向かっています。
また、収穫した野菜は子どもたちがどうやって食べるか考えクッキングをしています。
ちょっぴり苦いゴーヤもゴーヤチップスにしたことで「食べれた!サクサク!」と喜んでいたり、苦手な子が多いピーマンは肉詰めにすることにして、お父さんお母さんにレシピを聞き、園でクッキングをしました♪「お肉と一緒だとおいしい!」「なんか今日は食べれちゃった!」と子どもたちも嬉しそうです♪


 

 

2019.07.17

田植え *5歳児

 お父さんお母さんにも参加して頂き、初めての田植えに挑戦しました!
去年も一昨年も、しろぐみのお兄さんお姉さんがやっているのを間近で見ていたため
どんなふうに行うのかは分かっていた子どもたちですが、ズボンをまくり上げ、いざたんぼを目の前にすると「裸足で入っちゃうの!?」「えー!できるかな!?」と大騒ぎ・・!
思いきりたんぼに入る子や恐る恐るそっと入る子もいたりと様々でしたが、どの子もすぐに慣れ
初めてのたんぼの感触に友だちと顔を見合わせ、大喜びしていました。
食べることが大好きなしろぐみの子どもたち!今から収穫が楽しみです♪

 

 

2019.07.17

6月のあか組 *3歳児

 前日、雨が降り園庭には小さな水たまりがありました。
「泥あそびしたーい!!」というお友だちの声を聞き、僕も!!私も!!とみんなで泥あそびが始まりました。手に泥を塗りたくり「おばけー」という子や、バケツを持ってきてカレーに見立てて遊んでいる子がいました。又、ケラケラお友だちと顔を見合わせながらそのまま泥の中にゴロン…。全身で泥の感触を楽しんで、楽しそうな子どもたちでした。全身を十分に使い、今の時期にしか出来ない遊びを楽しみたいと思います。
 

 

2019.07.17

6月のれもん組 *2歳児

 戸外では、相変わらずの泥んこ遊び。全身泥だらけになって遊んでいます。雨の日も、圧縮袋の中に風船を入れ、いかだを作り、その上に乗って遊んだり、飛行機のように投げて見たり、段ボールをトンネルにしてその上に風船を乗せて「せんせー、お家ができたよ」と子どもたちの発想でいろんなものに変身させ、ワイワイキャーキャー言いながら汗だくになって遊んでいました。段ボールの中でも、友だちと「一緒に行こう」と声をかけ並んでくぐる姿もあり、友だちとの関わりも仲良く共有したり「ぼくがさきにいくー」と争う時もあり、日々、泣いたり笑ったり、忙しい毎日です。

 

 

2019.07.17

6月のもも組 *1歳児

 蒸し暑い日が続いた為、テラスで水遊あそびをして涼んだももぐみ。雨のように水を降らせると子どもたちは大興奮!さらに傘を持っていくと、水が傘に当たる様子や音を不思議そうな表情で見つめる子も(^^)水がちょっぴり苦手だった子も、「ジュースどうぞ」とコップに水を注いであげる嬉しそうでしたよ。水が大好きなももぐみなので、プールあそびが楽しみです(^^)♪

 

 

2019.06.20

6月のもも①組 *1歳児

 梅雨に入り部屋での活動が多くなってきました。でも外へ行くのが楽しみのようで、朝のおやつが終わると、廊下の扉の所まで行き、「あっ、あっ」と外を指さしして、行きたいアピールをしている子供たちです。雨が降っていない時は、戸外に出て、しろ組さんが育てている野菜を見に行ったり、あか組さんがつかまえたカエルを見せてもらったり、保育教諭と一緒にすべり台をすべったりと色々な経験ができるように心掛けています。
また部屋では、もも2組のお友達と一緒にリトミックをしたり、歌を歌ったりしています。音楽に合わせて、手をたたいたり身体をゆらしたりと、かわいい姿を見せてくれています。
暑い日は、水に触れたりする機会も増やしていきたいと思います。

 

 

2019.06.20

6月のこもも組 *0歳児

 入園してからあっという間に3か月が経ちました。こども園での生活に慣れてきて、保育教諭が「○○ちゃん」と手を広げると笑顔で近づいてきてくれてとても嬉しく思っています。
暑い日が多くなってきたため、天気の良い日はテラスで水遊びを楽しみました。初めての水遊びでは、最初は不安そうな顔をしていた子ども達も徐々に慣れてきて顔に水がかかってもへっちゃらな程に!これからプール遊びが楽しみですね!保育教諭も一緒になって遊び、子ども達と楽しんでいきたいと思います。

 

 

2019.06.19

親子でふれあい遊び *1.2歳児

 先日、園内行事である『親子触れ愛あそび』がありました。普段から子どもたちと歌ったり、踊ったりしている歌あそびを中心に触れ愛あそびを行いました。
歌声に合わせてお母さんやお父さんとぎゅっと抱きあったり、背中におぶってもらい動物に変身したり、おひざの中に入ってくすぐり合いっこ!どの遊びも子どもたちが見せてくれる笑顔には「楽しい!嬉しい!お父さん・お母さんが大好き!」という思いが溢れていました。参加して下さったお母さんからは「いつもお家で口ずさんでいたフレーズがこの歌だったんだ!と気付くことができました!」と感想も頂きました。
親子で頬をくっつけて触れ合う姿を見て、園でもたくさんぎゅーっと抱きしめ、こども園が楽しい!先生大好き!と思ってもらいたいな。と改めて感じました。

 

 

2019.06.19

水!泥んこ!最高! *4歳児

 暑さも日に日に増していく中で、水あそび・泥んこあそびを思い切り楽しむ姿が見られます。消防士ごっこも盛り上がりました。段ボールに絵の具を塗り消防車を作ったり…ペットボトルのキャップに穴をあけると消火器に見立てたり…「火事だー!!」「出動ー!!」と張り切って消防士になりきっていました。
そんなある日、避難訓練の時に消防士さんがやってきました!「消防士さんみたいにかっこよくなりたいです!」と伝えた子どもたち。“たくさん運動をする・モリモリ食べる・お勉強をする・よく寝る”ということを教えてもらいました。その日の給食では、いつもよりもモリモリ食べる子どもたちの姿が見られました。興味を持ってあそび、本物に出会うということはとても大切なことですね♪

 

 

2019.05.31

少しずつ慣れてきた園生活 *0歳児

 長いGWも過ぎ、4月に入園してきた子たちも少しずつ園生活に慣れてきたため、笑顔を見せて遊んで過ごせるようにもなりました。
お天気のよい日にはテラスで外気浴を楽しみ、心地よい風に気持ち良さを感じ、穏やかにゆったりとした時間を過ごしています。室内では気になるものを見つけると、自分でずりばいやハイハイをして追いかけたり、手を伸ばしたりしています。友だちの姿や、もっと周りのものを自分で触れみたい!という心の育ちから、ハイハイや寝返りが出来るようになった子もいます。
0歳児は日々の成長が目まぐるしく、保育教諭も感動させられる場面がたくさんあります。お家の方たちと一緒に子どもたちの成長を分かち合っていきたいと思います。

 

 

2019.05.31

配膳活動スタート *5歳児

 しろぐみになり一か月。楽しみにしていた配膳活動が始まりました。4つの栄養を意識して食事ができるよう、4色のハチマキを着け「これは〇〇サラダだから緑パワーだよね」となににどんな栄養があるか、確認し合っています。配膳準備でエプロンを身に着ける際には「ちょっと難しいよね」と子どもたちが輪になってお互いのエプロンをリボン結びし始める姿も見られました。自分たちで考えたり、自然と協力し合う姿に、成長を感じました。

 

 

2019.05.31

待ちに待ったスイミング! *4歳児

 楽しみにしていたスイミングがスタートしました!「どんなことやるのかな…?」「プール深いかな…?」とドキドキワクワクの子どもたち。カレンダーを見てスイミングが近づくと「スイ・スイ・スイ・スイ・スイミンgood!!」と張り切っています。いざプールにつくとあまりの大きさ、深さにちょっぴり緊張…ですが、顔をつけたり潜ったり楽しんで活動しています。
スイミングや戸外での水あそびを通して、夏のプールあそびが楽しみにできるようにしていきたいと思います。

 

 

2019.05.31

5月のあか組 *3歳児

 今月も虫探しに夢中なあかぐみの子どもたち。最近は園舎の裏で、てんとうむしやバッタ、あおむし探しを楽しんでいます。以前に比べて触れるようになった子も増え、「先生見つけたよ~」と虫探しも一層楽しくなっているようです。生き物に触れる機会が増えたことで、
生き物を思いやり、「優しくだよ~」と友だちと声を掛け合ったり、部屋に戻る際には「またね~」と手を振り自然に返してあげられるようになりました。子どもたちの虫を大切にする姿をきちんと認め、今後も季節の生き物に触れながら、生き物を大切にする気持ちを育んでいきたいと思います。

 

 

2019.05.31

5月のれもん組 *2歳児

 5月になり熱くなってきたので、水遊び・泥んこ遊びが大流行!!
はじめは、砂遊びをしていた子たちも、水を持ってきて遊んでいる子を見ていたら、だんだんと水に触れたくなり、手を水につけ、足を水につけ、最後には全身で水遊びを楽しんでいます。
泥んこ遊びも、汚れるなんてお構いなし!汚れてなんぼで全力で遊んでいます。
もっともっと楽しくなるよう、保育教諭も一緒になって遊んでいきたいです。

 

2019.05.31

ちいさな先生 *1.2歳児

 子どもたちと「うたあそび」をしていたある日。歌うだけじゃなく、もっと一緒に楽しみたいな~。と思い、季節の歌に合わせたペープサートを用意しました。歌に合わせてペープサートを動かすと興味津々の子どもたち。
「ちょうだい!」「せんせ、かして!」と、子どもたちも“僕もやってみたい!”と真似っこ。まるで小さな先生になったかのようにかわいい歌声に合わせて、ペープサートをゆらゆらと振る姿が見られました。

 

 

2019.05.31

5月のもも組 *1歳児

 長い連休からスタートした5月。連休前と変わらずのびのびと遊ぶ子や、ふとした時にさびしくて泣けてしまう子がいましたが、慣れてくるとみんなのびのびとし、服のまま泥に飛び込んでみたり、テラスや園庭で水を浴び「きもちい~!」と笑顔を見せていました。また、お外で虫やカエルを見つけると捕まえようと追いかける子や、気にはなるけどこわくてちょっと離れたところから見ている子、すぐに先生の近くにくる子など、さまざまな反応があったももぐみさんでした! 

 

 

2019.05.31

5月のもも①組 *1歳児

長いお休みも終わり、少しずつ園のリズムにも慣れてきたもも1組さんです。保育教諭が「○○ちゃんおはよう」と声を掛けると、ニコニコかわいい笑顔を見せてくれるようになり、私達も嬉しく思います。最近園庭に出て遊び始めました。まだ慣れず泣けてしまう子、平気に遊べる子と様々ですが、ござを敷いて、その上で玩具で遊んだりと、安心して遊べるように配慮していきたいと思います。以上児のお姉さん、お兄さん達が「今日はお外くる?」と、もも1組さんと遊ぶのを楽しみに待っていてくれているので、少しでも一緒に遊べたらいいなあと思っています。砂場の砂に触れてみたり、すべり台を保育教諭と一緒にすべってみたりと色々なことを経験していきたいと思います。

  

 

2019.04.30

4月のもも組 *1歳児

入園・進級し、新たな園生活が始まりました。新しい保育室、新しい先生。ちょっぴり不安な表情でこちらの様子を伺っているようなこともありましたが、一か月が経ち「せーんせー!」と呼んでみたり膝に入って大好きな絵本を読んでもらったり・・・少しずつ私たちとの距離も近づいてきているような気がします。
今までは自分の興味のある遊びに夢中になり、先生に見せたり「すごいね!」と共有してもらうことで満足していた子たちが段々と周りのことにも興味を持ち始めているようです。泣いている子がいるとどこからともなく近寄って”いいこ、いいこ”と頭を撫でてあげたり、玩具の取り合いも日々あちらこちらで・・・(笑)そんな今しか見られない姿も大切な成長と捉え温かく見守り保育していきたいと思っています。

   

2019.04.30

元気いっぱいスタート *4歳児

 新年度がスタートし一か月がたちました。戸外では泥団子作りやしっぽ取りゲームなど、思い思いに元気いっぱいあそぶ姿が見られます。
なわとびブームも起きました!!しろ組さんが“なわとびカード”に取り組む姿を見て、「なわとびカードやりたい!」という声が多く聞かれました。はじめは数人の子だけでしたが、その姿に刺激され、ほとんどの子がなわとびに挑戦する姿が見られました。“やってみたい!”と興味を持った瞬間を大切にし、いろいろなことを試したり挑戦したりしていきたいです。

 

 

2019.04.19

4月のしろ組 *5歳児

新年度がスタートしました。
さっそく、安間川まで散歩に出掛けました。おにぎりを自分たちでにぎって、片道40分かけて歩きましたよ!
桜の下で食べるおにぎりは格別だった様子で、「1個じゃ足りない!」という声も聞かれました。「次桜が咲く時はぴかぴかの1年生だね」という子もいましたよ。
また、自分たちがこども園で一番大きいお兄さんお姉さん!という事で、みんなが使うところの掃除に励んでいます。みんなで協力してピカピカにしてくれています!とても頼もしい子どもたちです。1年間たくさん思い出作るぞ!

  

 

2019.04.19

みーつけた! *3歳児

れもん組、みかん組と一緒になりスタートしたあか組。戸外へ出かけると「みてみてー」と友達と手をつないで花壇のところへ。私も行ってみると、プランターの下やレンガの間をじーっと見て、「ダンゴムシ見つけたー!!」と嬉しそうに見せてくれました。手の平にのっけていた子どもはくすぐったいと笑っていました。又、タンポポを見つけてみんなでポーズ。身近な動植物に触れ、子どもの発見や驚きを大切にしていきたいです。 

 

 

2019.04.19

元気いっぱい泥んこ遊び *2歳児

今年は、肌寒い時もあったけれど、子どもたちはお構いなしで泥んこ遊びを楽しんでいます。水道の蛇口をひねると“ジャー”と勢いよく水を出し、ジョウロの中にいっぱいの水を入れ、青組さんや白組さんの真似をしてダイナミックに造られた砂場のトンネルや大きな穴に水をたっぷり入れるのが楽しくて何度も何度も水を運んでいました。
それから旧もも組同士、旧みかん組同士で始めのうちは遊んでいましたが今では、お互い名前も覚え、一緒に仲良く遊ぶようになりました。春の日差しと共に子どもたちの笑顔をたくさん増やしていきたいと思います。
 

 

2019.04.19

きれいなお花みーつけた! *1.2歳児

 みかんぐみに進級し、一か月が経ちました。戸外へ出ると、春の訪れを感じるものがいっぱい!!
桜の花びらが風で舞うと「あっ!あっ!」と指をさしながら追いかけたり、一枚一枚 大切そうに拾い集める姿も見られました。また、チューリップの水やりに挑戦したり、保育教諭が歌う姿を真似て「(さい)たーっ♪(さい)たーっ♪」と“チューリップ”の歌を可愛らしく歌ってくれました。
子どもたちの発見や気付きに一緒になって喜んだり、共感していきたいと思います。

 

 

2019.04.19

4月のもも①組 *1歳児

入園して3週間が経とうとしています。朝お母さんから離れる時は泣けてしまう子も、日中は泣きやんで、玩具で遊ぶ姿が見られるようになったり、「○○ちゃん」と名前を呼ぶとニコッと笑顔を見せてくれたり、「ハーイ」と手をあげたりとかわいい姿を見せてくれるようになってきたもも1組さんです。少しずつ園生活にも慣れてきているようです。これからも、もっと色々な姿を見せてくれることを楽しみにしています。

  

 

2019.04.19

初めての園生活 *0歳児

大好きなお母さんやお父さんから離れての園生活。4月当初は、寂しい気持ちや新しい環境での不安からたくさん泣いていた子ども達。お母さんの姿を探し、廊下へ出ては泣けてしまうこともあったけれど、今は少しずつ子ども達のペースで園に慣れてきているようですよ。「○○ちゃん、こっちおいで!」と手を広げて声を掛ける保育教諭に、抱っこを求めるように小さな手と腕をいっぱいに広げて寄って来てくれます。季節の歌を唄って聞かせると泣き止んだり、“一本橋こちょこちょ”で肌と肌が触れると笑って、笑顔を見せてくれたりと… 日々の関わりから、少しずつ子ども達の成長を見て感じることを嬉しく思っています。お母さんやお父さんたち同様、これからの子ども達の成長がとても楽しみです♪家庭と園で足並みを揃えた子育てをしていきましょう!
そして、お母さん方も職場復帰を控え、不安や焦りもあったりと心配事が多いかと思います。既に仕事と子育てとで慌ただし毎日を送っている方も居ることでしょう。
お子さんを迎えに来た際は、お子さんとの関わりのエピソードをお話しさせて頂くことが多い私達職員ですが、仕事の悩みや愚痴も聞きますので気軽に声を掛けてくださいね。

 

 


 

 
ページTOPへ