トップページ > おかさきこどもブログ

おかさきこどもブログ

2018年01月

2018.01.30

食育1月 バイキング給食

 今年度3回目のバイキング給食を行いました。

今回は、自分のおなかと相談して、おなかがすいた子から

食べることにしてみました。

メニューは、ごはん、五目とりめし、鮭の塩こうじ焼、豚肉のねぎみそ焼、

スティック野菜、白菜の味噌汁、いちご、みかんと選べるものもたくさんです。

子どもたちはバイキングというだけでとっても嬉しそう!

「何食べようかな」「たくさんとっていいの?」と楽しみにし、

「何にしようかな?」と悩みながらも、先生に4人のこびとのヒントをもらいながら

食べたいものをバランスも考えながら選んでいました。

バイキングをする度に、子どもたちの姿に新たな発見がありますが、今回自分の

食べたいタイミングにしたことで、子どもたちの落ち着きが変わりました。

食べる意欲がある時に食べることで、空腹のタイミングと食べたい意欲が

つながり、いつもより集中して食べていました。

みんなで一緒に食べる経験も大切ですが、

子どもの気持ちに寄り添うことで、

得られる心の安心感の大切さを知ったバイキングでした。

    

     【1月レシピ】

     ・おにまんじゅう

     ・スコーン

     ・ほうれん草サラダ

     ・マンダイの甘辛揚げ、ほうれん草のおかかあえ、根菜のみそ汁

     ・大根サラダ

 

 

2018.01.30

おひさま広場1月

1月のおひさま広場は、大盛況だった12月には

及びませんでしたが、たくさんの方に利用して頂きました。

“親子で作って遊ぼう” コーナーでは、鬼のお面作りをしました。

幅の広い色画用紙に鬼の目、角を貼り、髪はお花紙を

丸めてもじゃもじゃした様子を表現。お子さんの頭の大きさに

合せてたら完成です。

色とりどりの個性豊かな鬼が出来上がりました。

“親子で遊ぼう”コーナーで「マラソン雪だるま」と

「鬼のパンツ」を踊った時にも鬼のお面をつけてくれている子がいましたよ。

  

“親子ふれあいタイム”は、わらべうたを紹介しました。

お母さんの膝に入って「じいじいばぁー」「げんこつ山のたぬきさん」などをして

ゆったり触れ合い、たくさんの笑顔が溢れていました。

  

子ども食堂は、「あんかけうどん」「豆腐の肉みそかけ」「五目煮豆」でした。

「うどんだ!嬉しいね」「大好き!」「優しい味付けですね」と

嬉しい声が聞かれました。来月も是非参加して下さいね。

 

2018.01.30

つぶやき1月 五感で感じる寄せ植え作り

「自分だけの寄せ植えを作ろう」

「卒園式には自分たちのお世話したお花でいっぱいにしよう」と

年末に1人1つのプランターに

自分の好きな色のお花を選び、植えました。

 

花を選んでいる様子

「へえ~、こんなにおいするんだ」

「ハーブはお料理にも使われるんだよ」

「私はこの苗を選んだよ」

完成!!

 

現在…チューリップ、ムスカリの芽が出てきましたよ!!

お水をあげ、目をかけ、少しずつ生長する

花たちはまさに子どもの成長と同じですね。

卒園式の日…晴れの舞台…。

チューリップ咲くかなぁ…。

2018.01.30

しろぐみ1月 ぞうけいあそび

白組さんでは、廃材を使って造形遊びを楽しんでいます。

空き箱や、卵のパックなどを使って自分のイメージを表現して遊んでいます。

「これは、ロボットでねー、ここからロケットが出るんだよ」と

自分のイメージの中であそび、友達が作ったものと一緒に合わせて、

ごっこ遊びが広がったりと見ていてとても面白く感じます。

経験の少ない子どもたちにとってイメージを形にするというのは、とても難しくあり、

又、とても面白くもあります。

試行錯誤する中で、道具の使い方を覚えたり、工夫することを見つけたりします。

今では、その自分の発見した事、得た方法をお友達同士、伝え合い、共有することを

楽しみながら物作りを楽しんでいます。

まだまだ遊びはひろがっていく様子で私もとても楽しみです。

作るにあたっても、自分だけが使うためでなく、みんなで使える廃材を

持ってくることや、金曜日には作ったものを持って帰ることなど

みんなで話し合ってルールを決めました。

子どもたちのイメージが膨らめるよう援助していきたいと思います。 

2018.01.30

あおぐみ1月 「ピーターパンごっこ」

年明け登園してくると、「先生!ピーターパンごっこしようよ!」と

子どもたちから声が上がり、ごっこ遊びを楽しんでいます。

セリフカードを渡すと、「お家でもやった!」と教えてくれる子もいました。

大切そうに握りしめ、「先生!ありがとう!」と喜んでいる

姿がとても嬉しかったです。

子どもたちとネバーランドの話をしていると、「ネバーランドは虹色だよ!」

「どこでもドアがあるんだよ。」「タイガーリリーのお化粧屋さんがあるの!」

「虹色のケーキがあるの。」など、子どもたちの想像力にびっくりしました。

そこで、子どもたちと話し合い、ネバーランドを作る事にしました。

絵の具の色も、子どもたちが選び、空や海、

山なども子どもたちの夢がたくさん詰まっています。

子どもたちの力いっぱい、夢いっぱいな「ピーターパン」の世界を

色々な形で表現することを楽しんでいるあおぐみです。

 

 

 

2018.01.30

あかぐみ1月 赤組ライフ2018スタート!

 年が明け、少し暖かい日が続いたと思えば、また厳しい寒さが続いた1月。

寒さで泣けてしまう子がいれば、寒さをものともせずに

園庭に飛び出して走り回る子、冬の園庭で自然探しを楽しむ子…と様々でした。

園庭には厳しい寒さだからこそ見られる発見もたくさん!

園庭の赤土の斜面には立派な霜柱がたくさん立っていました。

“えのきの様に立派できれいな霜柱”に思わず大人の私も大興奮。

寒さを忘れて、子どもたちと一緒に霜柱集めをしたり、

ザクザクと霜柱を踏んだりして楽しみました。

 

年明け初めての体操教室では寒すぎて、泣けてしまう子も続出でしたが、

「泣いていても体はあたたかくならないよ。寒い時は体をたくさん動かして、

大きな声を出すと体がポカポカななってくるよ。」と

講師の先生が教えてくださり、寒さに負けず、長縄あそびに挑戦しました。

赤組さんの後の青組さんの体操教室ではみんな上着を脱いで体操教室に参加。

その姿に、“青組さんってかっこいい!” “青組さんってすごいな~”と

じっと見つめ、青組への憧れが今まで以上に高まった赤組さんでした。

あと2カ月後にはみんなも青組。“何事も楽しく!子どもたちがやってみよう!”と

思えるように、残り2カ月も楽しい赤組ライフを送っていきたいと思います。

運動会では“三太郎”になった子どもたち。発表会では“5人の個性あふれる英雄”を演じます。

園生活を送る中で、隣にはいつも大好きな友だちがいて、

「楽しい」「嬉しい」「悲しい」など様々な思いを感じながら過ごしてきました。

そんな赤組さんの姿や思いが詰まった内容です。

合奏では昨年度から子どもたちが楽しんで歌ってきた“うちゅうせんのうた”を

披露します。楽器あそびでは様々な楽器に触れ楽しんできました。

今回は子どもたちが好きな楽器を選んで演奏をします。

本番はみなさんも“うちゅうの世界”お楽しみください。

当日、舞台上でお子さんたちの最高の笑顔をお届けできたらと思います。

 

2018.01.30

らいおん1月 ねこねこねこのおいしゃさん

ごっこ遊びの大好きならいおんぐみさん。

お店屋さんごっこ、おかあさんごっこ、消防隊ごっこなど、

日々の大人の姿をまねして遊び、楽しんでいます。

大人たちの姿もよく見ていて、「いらっしゃいませー」「今、ごはん作るからね!」と、

自然に出てくる言葉も、大人の様な表現が多く、驚かされます。

中でもお医者さんごっこも大好きな子どもたち。

「大丈夫ですか?」「ぽんぽんします」と

お医者さんになりきって楽しんでいます。

今回は、お医者さんごっこをテーマにパネルシアターのお話の

「ねこのおいしゃさん」になりきって楽しむ事にしました。

子どもたちと話をし、治す患者さんを決めると、自分が治すんだ!と

張り切る姿や、ねこのおいしゃさんのお面を絵の具とのりを使って作ると、

自分のねこのおいしゃさんができた姿に喜びを表す姿がありました。

 

体全体を使って表現することや、友達と関わり合うことの楽しさを

感じる事ができるといいな、と感じます。

 

 

2018.01.30

きりん1月 ぞうさんのぼうしごっこ

 ぞうさんのぼうしのペープサートが大好きなきりんちゃん。

ペープサートが始まると、「ぞうさんがわすれていった♪」と

体を揺らし、ニコニコでうたっています。

そんな、楽しそうにうたう姿を発表会でも披露できたらと思い

発表会ではぞうさんのぼうしをテーマにしようと思いました。

子どもたちで大好きなぞうさんのぼうしを絵具でぬりぬり。

色も、「赤がいい!」「ピンクがいい!」と声があがったので、

子どもたちの好きな色で塗りました。

「筆を立てて、優しく塗るよ」と声を掛け、手本を見せると、

真似っこして優しく塗れました。

 

何回か、セリフやうた、振りをやっていくうちに、友だちと声を合わせ、

大きな声で言えるようになりました。

「えー!?」と驚くポーズは手をパーにし、足を一歩前に出し、とっても上手なんです。

 

また、日頃から楽しんでいる楽器あそびも発表会に取り入れました。

きりん楽器隊にも注目です!!

発表会まであと少し!!みんなでたのしくできるといいね。

2018.01.30

いちご1月 

 「さむーい」「つめたーい」と子どもの口から

こぼれるように寒さをつぶやく姿が見られた1月。

テラスに氷が張っているのを見て興味津々。

「つめたい、つめたい」と言いながらも見て、触って大喜びでした。

 

子どもたちの大好きな絵本「でんしゃにのって」から

今年のなかよし発表会の台本を作りました。

友だちと仲良く電車ごっこを楽しんだり、ぞう、うさぎ、ライオンの

ポーズを得意気にしてみたりと発表会までの練習も毎日楽しみました。

「おはよう」や「ありがとう」も上手に言えるようになったので、

舞台の上で大きな声で言えるよう張り切っています。

本番が楽しみ。泣かずにピョンピョンとんだり

跳ねたり、体操できるといいな。

 

2018.01.30

ぶどう1月 冬のあそび

 1月はこの季節に楽しめる事に取り組んだぶどうぐみさん。

戸外では、凧揚げをしました。自由になぐり描きした画用紙を

先生が凧に変身させ、子どもたちの前で空にあげると、

「やりたい」「ちょうだいよー」と目を輝かせやる気満々。

風の強い日を狙ってたこを用意すると毎回たくさんの子が

凧揚げコーナーに集まり空にたくさんの凧が上がりました。

楽しい、やってみたいと思うことは何でもやりたがるぶどうぐみさん。

先生と一緒にいろんなことに挑戦していますよ。

 

寒い日が続き、雪の降る日もありました。

テラスにちょっと積もった雪をあつ集めて雪だるまを作ったり、

雪の玉を見せてあげると子どもたちは興味深そうに見たり、触ったりしていました。

また、雨の降った翌日には、カエルプールの中に溜まった水が

氷って大きな氷ができた日も!

「氷あった」「大きいねー」と触る子どもたち。

大きかった氷も触ったり、日が出てくることでだんだん小さく…。

「あれ?」「なくなっちゃった」と不思議がる子、

氷を割って小さくすることを楽しむ子。

冬の自然には楽しいことがいっぱいでした。

まだまだ子どもたちも震えてしまう日もありますが、自然の中での

触れ合い、発見も大切にしていきたいです。

 

こどもブログ
保護者の方へ
求職者の方へ
ページTOPへ